不足しがちな栄養素を青汁で補給


1990年初頭に初めて味わった苦み走った青汁、あれから20年余りたった現在は製造会社も多く、当時では考えられないような広がりを見せ、その効果が根本から見直され次々と新しい商品が生み出されています。液状でそのまま飲めるもの、粉末を水に溶かして飲むもの、ゼリー状にして持ち運び安いパックされたものなど商品形態は色々です。青汁の原材料も従来から知られている、ケール、大麦若葉、明日葉等の他に桑の葉、長命草や漢方材料などが加わり、生産地も国内から海外まであり、どの商品を選ぶかは消費者に委ねられています。


<不足しがちな栄養素の摂取>

近年の食生活の変化が、本来なら天然の野菜から摂る健康維持に必要な栄養素不足を来たし、生活習慣病やメタボ症候群を招き健康管理に赤信号が灯るようなってきました。厚生労働省の調査においても、推奨する野菜摂取量にとどいていない食生活の偏りが指摘される事態になっています。このような生活環境を背景として、青汁へのニーズが想像以上に高まりを見せて多くの企業が製造に乗り出す状況をつくりだしました。


<原材料にも注目>

毎日飲み続ける青汁であるだけに、味がよく安心・安全が保障された製品であるかどうかは、消費者にとって最も重要な要素になります。望むことは国内・海外産を問わず無農薬で、保存薬などが使用されていない原材料使用が不可欠です。製造者の偽りのない原材料の産地、無農薬原材料の正しい表記に期待しています。



青汁と男性ホルモン


青汁を飲んだから薄毛が良くなるということはありません。しかしホルモンバランスが崩れていることで薄毛やムダ毛が多いという状態を招くことになりますので、ホルモンバランスを整えることにも働きかける青汁は、薄毛やむだ毛の改善を助けるものとしては期待できます。薄毛に悩んでいる男性や、ムダ毛を気にしている女性にはブレンドすればさらに有効という組み合わせがあります。


<青汁とのブレンド>

青汁と一緒に飲むと美味しいと言われているものに、豆乳やきなこがあります。豆乳と粉末の青汁をブレンドすると抹茶ソイラテのような楽しみ方ができますし、きなこを入れると香ばしさもまして飲みやすくなります。豆乳やきなこは大豆イソフラボンを多く含みますので、男性ホルモンが過多になってしまっているときには、バランス調整に働いてくれます。


<体臭改善にも効果が?>

また体臭などを体の内側から改善するのにも効果が期待できます。葉緑素が口臭や体臭の緩和に効果があるということは広く知られています。また食物繊維も豊富ですので、便秘解消にも働きかけます。食生活の変化によって、便秘は女性だけの問題ではありません。便秘の悩みを抱えている男性も多く、オススメです。



偏った食生活は青汁でサポート


忙しい生活をしていると、食生活は野菜が摂取できずタンパク質や脂質の取り過ぎた食生活になってしまいます。しかし、仕事の付き合いなどがあり食生活はそう大きく変えることができない場合は悩ましいものです。そのままの生活を続けていれば将来病気になる可能性が高くなります。


<青汁で簡単に野菜不足を補おう>

野菜が不足しているからといっても野菜を食べることはなかなか難しいものです。そこでより簡単に栄養素を摂取できる方法が青汁です。青汁は野菜の汁なので、栄養素は野菜そのものと考えて問題ありません。一日に一杯飲むだけでも栄養はかなり改善できます。


<どうしても味が苦手なら>

青汁の特徴といえば味です。テレビなどの先入観で過剰に美味しくないと誤解されている場合もありますが、もともとあまり美味しいと感じる味ではありません。最近の製品はかなり味が改善されており、子供でも飲めるような製品もあります。どうしても合わない、あるいは飲む時間がないようなら錠剤タイプのものがあります。こちらなら手軽に飲めるので万人におすすめできます。ただし薬を飲んでいる人や透析を受けている人は医師に相談しないと大変なことになってしまう危険性があるので注意が必要です。



男性でも青汁は飲むべきです


青汁はおもに女性が飲むものだと思っている方もいるかもしれませんが、男性の方にも是非飲んでもらいたいものです。


<生活習慣予防になる>

つい仕事の忙しさ、仕事が休みの日でも疲れていて食事を適当に済ます人も多いと思います。そうなってしまうと生活習慣病になっている可能性が非常に高いです。一言でいえばメタボリックシンドロームです。

もうすでになっている可能性が非常に高いですが、そこで焦っても仕方ありません。青汁に含まれている繊維を飲むことでコレステロールを吸収して肥満を予防してくれるというわけです。


<タバコをたくさん吸っていたり、お酒を飲んだりする人にもおすすめです>

喫煙は決して男性だけではありませんが多いと思います。タバコやお酒をたくさん摂取してしまうと顔色が悪くなったり老化を早めたりします。

ただ、これをいきなりやめると言われても難しいと思いますので、そのときに青汁を飲めばタバコやお酒のデメリットを抑えることができるというわけです。

最終的には元を断つのがいいかもしれませんがなかなかできない人は青汁を飲むことをおすすめします。

男性の方に青汁を飲んで欲しい。結婚をすれば大黒柱になる可能性が非常に高いわけですから男性の方が飲んだ方がいいでしょう。



青汁は粉末だけじゃない


青汁というと、粉末になったものをお湯やジュースなどに溶かして飲むというイメージが大きいかと思います。青臭さや苦みを消すために抹茶風味のものも多く、非常に飲みやすいのが今の青汁です。そのため家族で楽しむ人、ダイエット目的で愛用する若い女性も増加しているそうです。


<青汁はゼリーのものも>

青汁の範囲が少し広くなりますが、ビタミンや食物繊維を簡単に摂取できるという、栄養補助食品は現在非常に大きくなっています。中にはゼリータイプのもので、コラーゲンなどを含んだものもあるそうです。これは美容にいいものが豊富に含まれており、味もグレープフルーツ味のゼリーなどになっており、おやつ感覚で食べることができるものと言われています。苦い、緑色のまずいもの、というのはもう古いイメージなのかもしれませんね。


<フレッシュな栄養を閉じ込めた冷凍タイプ>

味が濃く、搾りたての栄養をパックしたものに、冷凍タイプの青汁があります。この青汁は冷凍して送られてくるもので、飲む前に解凍してそのまま、凝縮タイプであればお水やジュースなどで割ることで楽しむことができるのです。味は粉末のものより濃く、苦みも強く感じる人もいるそうですが、生でないと摂取できない栄養分も補給できると言われているそうです。



青汁は本当は苦くない?


青汁のイメージは、良いイメージをお持ちですか?それともあまり良くないイメージをお持ちですか?多くの方が、良いイメージと良くないイメージの両方をお持ちだと思いますがそのイメージは真実なのでしょうか?


<プラスなイメージ>

青汁の良いイメージと言えば、食事以外で栄養を摂る事が出来る・病気改善に効果がある・手軽に飲めるなど色々あると思いますが、このイメージは真実なのでしょうか?食事以外で栄養を摂れる、手軽に飲めると言うのは青汁を実際に飲んだ事が無い方でも真実だと分かるのですが、病気改善に効果があると言うのも本当だと思いますか?実は、糖尿病や花粉症に対して効果がある事が分かっています。メカニズムは複雑なのですが、効果がある事は事実です。


<マイナスなイメージ>

良くないイメージとして最も代表的なのが、飲んだ時の味に対するイメージではないでしょうか?某CMでも有名になりましたが、青汁=マズイというイメージが多くの方の頭の中にあると思います。ですが、この良くない味のイメージは真実とは言えません。実際、昔の青汁は確かに美味しいと感じられる味ではありませんでしたが、現在は大麦若葉や小松菜などを使い味の改良された物が多くなっているのでしかめっ面になってしまうような味ではありません。



青汁を飲んで血液をさらさらに


青汁の持つ健康効果の中には血圧を下げて血液をサラサラにする効能があるとされています。


そもそも血液がドロドロの状態とは

そもそも一般に血液がドロドロ、あるいはサラサラと呼ばれる状態とはどのような状態なのでしょうか。一般に血液がドロドロの状態というのは血中に含まれている脂質や油分が増えている状態の事を指します。血液がドロドロになると例えば動脈硬化といった最悪死に至る病が発症し得る他、糖尿病などのリスクも増えます。これらは不規則な食生活、例えばジャンクフード等の外食が多い生活や野菜不足によって徐々に進行していくとされ放置しておくと大変危険です。逆にサラサラの血液というのは血中の脂質や油分、悪玉コレステロールが非常に少ない健康的な血液の事を指します。


青汁を飲んで血液改善を

野菜不足によって主にドロドロ血液が進行していく訳ですから野菜、例えば青汁を飲む事でドロドロ血液は解消する事が可能です。これは野菜や青汁に含まれるビタミンやポリフェノールといった成分が働き悪玉コレステロールの数を減らしてくれるからです。また食物繊維は整腸作用があり余分な脂質の吸収を抑えてくれる効果もあります。これらの成分により青汁は継続的に飲み続ける事で血中の脂質を減らし血液をさらさらにする効果があると言われています。

PRリンク…人気の青汁を比較(http://www.futuresourceuk.com/)



青汁でアンチエイジング


青汁には様々な健康に良い効能があるとされていますが、その中でも気になるのはアンチエイジングの作用です。これは主に青汁に含まれるビタミンCやSOD酵素といった成分が持つ抗酸化作用によるもので、老化の進行を妨げる他美肌効果などが青汁を定期的に飲む事で期待できます。


青汁の持つビタミンCの効能

レモン等に多く含まれるというビタミンCは青汁にも多く含まれています。このビタミンCには免疫力を強化する採用や美肌効果がある他、前述のような抗酸化作用があると言われています。金属が時間と共に錆びていくように私たちの人体も常日頃から酸化によるダメージを受けています。しかしビタミンCなどこれら抗酸化物質が体内にある事で活性酸素によるダメージを細胞の代わりに肩代わりしてくれると言います。


大麦若葉とSOD酵素

また前述のビタミンCはほぼ全ての青汁に含まれている成分ですが、SOD酵素と呼ばれる成分は主にケールを主成分としたものではなく大麦若葉を主成分とした商品に多く見られます。SOD酵素はSuperoxide Dismutase酵素、つまり「活性酸素を除去する」酵素であり、ダメージを肩代わりするだけではなく活性酸素を除去する効果があり高い抗酸化作用を持った栄養素になります。その為大麦若葉ベースの商品ならビタミンCとSOD酵素の両方が含まれている為より高いアンチエイジングの効果が期待できます。



青汁で不足しがちな野菜を補充


青汁と呼ばれる商品の殆どは基本的にケールや大麦若葉、明日葉といった緑葉野菜を主原料とした濃い緑色の野菜汁を指します。その主原料や見た目からもわかるように青汁には野菜に含まれている成分が多く内包されており、飲む事で野菜不足の解消効果があると言われています。


青汁が持つ成分

野菜不足という事は基本的に野菜を食べる事で得られる栄養素が不足している状態だという事です。例えば野菜にはビタミンが多く含まれており、ビタミンには免疫力を高める効果や、抗酸化作用があり老化を遅らせる効果のあるものがあります。また野菜にはミネラルも豊富で、例えばカルシウムは骨を丈夫にする効果があり、カリウムは余分な塩分を体外に排出する効果があります。青汁にはこういったビタミンやミネラル、食物繊維等が多く含まれており、本来十分な量を取るのが難しいこれらの栄養素をバランス良く、そして十分な量摂る事が可能です。


野菜不足に効果的なタイミング

野菜不足解消の為青汁を飲むのであれば、その最も適切なタイミングは朝一番だと言われています。ただ青汁は非常に栄養価の高い飲み物である為、本当の起き抜けにいきなり飲むのは内蔵に優しくありません。その為このタイミングで飲むのであればまず水やお茶など別の飲み物を最初に一杯飲むが良いでしょう。



青汁ダイエット


青汁にはしばしばダイエットに効果的という話を聞きます。その中には勿論ダイエット目的で青汁をはじめたという人もいますがその大抵は健康の為飲みはじめたら何時の間にか体重が落ちていた、スリムになっていたという方のようです。では何故青汁はダイエットに良いと言われているのでしょうか。


青汁が持つダイエット作用

青汁がダイエットに有効な理由は単純ではなく幾つかの複合的理由によって成り立っているものです。例えば食前に飲む事で適度な満腹感が得られ食事の摂取量が減る、というのが一つの理由です。また商品自体には殆どカロリーが無い為必然的に摂取カロリー量が減ってきます。また商品が持つミネラルは塩分と結びつき体外に排出される効果のあるものがある他、食物繊維には整腸作用がある為、身体の老廃物等が排出される事でダイエットをサポートします。


服用する適切なタイミング

ダイエット目的で青汁を摂取するのであれば前述のようにやはりタイミングとしては食前が好ましいでしょう。水や牛乳などと一緒に飲む事で胃を落ち着かせる事が出来る他、最初に商品の成分が体内で吸収される事で後に食べる食事の炭水化物や油分が摂取され辛くなります。またこの事から錠剤タイプやゼリー状のものより水に溶かして飲む粉末状の商品や液状の商品のほうがダイエットには向いていると言えます。



青汁で便秘を解消


青汁には現代人に不足しがちな野菜成分の補完やダイエット効果など様々な効能があるとされていますが、その効能の一つに実は便秘の解消があるとされています。これは青汁に多く含まれている食物繊維が体内を綺麗にする効果があるからだと言われています。


より効果的な青汁とは

ただ全ての青汁が等しく便秘に効果的というわけではなく、青汁にも便秘に対して効果の大きい商品と小さい商品があるとされています。例えば解凍してそのまま飲めるあるいは水に溶かして飲む液状タイプの商品だと喉越しこそ良いもののその多くはキールや大麦若葉の絞り汁をベースとしたものなので食物繊維はあまり多く含まれてはいません。一方フリーズドライ製法を利用した商品の中でも特に野菜を直接乾燥させたものなら、非常に繊維質が豊富で便秘の改善には最も効果的です。


便秘改善なら就寝前が一番

また便秘改善の為青汁を飲むのであれば就寝前が最も適切なタイミングであると言われています。これは就寝時身体が活動していないので腸が働きやすい環境である等の理由がありますが、人によっては腸が活性化する事で寝付きが悪くなったという人も。このような場合は牛乳やヨーグルトなど安眠採用のある乳製品と一緒に摂ると良いでしょう。



青汁は子供にも良い?


青汁は野菜嫌いのお子さんにとても良いみたいです。
野菜嫌いの子はやはり野菜を嫌って食べてくれないので、どうしても食のバランスが悪くなりがちです。
ですが、青汁でしたら色々な野菜が入っていますので、何かに混ぜて飲んだりできてとても良いかと思います。
ヨーグルトが好きならその中に少し混ぜて飲ませたり、他のものに少し入れてみたりして工夫をしたら野菜を食べてくれなくても少しずつかもしれませんが、補う事が出来るかと思います。


今の青汁は飲みやすい!

以前までのイメージは苦くてまずいというものでしたが、最近の青汁は飲みやすくされているのでどなたでも比較的に飲みやすいかと思います。
また、水や牛乳で味の濃さを自分で調節することもできますので自分に合わせて摂取できるのが良いですよね。
中にはサイダーで割って飲むというお子さんもいるそうです。
工夫の仕方で変わってくるのがなんだか楽しいですよね。


こども青汁というものがある!

これは調べてみて分かったことですが、最近ではこども青汁というものがあるそうです。
お子さんが飲みやすいように工夫をしてくれているみたいで、甘みもあるみたいですが糖分の取りすぎにはならないようなので安心してお子さんに飲ませることが出来ますね。