青汁を飲んで血液をさらさらに


青汁の持つ健康効果の中には血圧を下げて血液をサラサラにする効能があるとされています。


そもそも血液がドロドロの状態とは

そもそも一般に血液がドロドロ、あるいはサラサラと呼ばれる状態とはどのような状態なのでしょうか。一般に血液がドロドロの状態というのは血中に含まれている脂質や油分が増えている状態の事を指します。血液がドロドロになると例えば動脈硬化といった最悪死に至る病が発症し得る他、糖尿病などのリスクも増えます。これらは不規則な食生活、例えばジャンクフード等の外食が多い生活や野菜不足によって徐々に進行していくとされ放置しておくと大変危険です。逆にサラサラの血液というのは血中の脂質や油分、悪玉コレステロールが非常に少ない健康的な血液の事を指します。


青汁を飲んで血液改善を

野菜不足によって主にドロドロ血液が進行していく訳ですから野菜、例えば青汁を飲む事でドロドロ血液は解消する事が可能です。これは野菜や青汁に含まれるビタミンやポリフェノールといった成分が働き悪玉コレステロールの数を減らしてくれるからです。また食物繊維は整腸作用があり余分な脂質の吸収を抑えてくれる効果もあります。これらの成分により青汁は継続的に飲み続ける事で血中の脂質を減らし血液をさらさらにする効果があると言われています。

PRリンク…人気の青汁を比較(http://www.futuresourceuk.com/)



青汁でアンチエイジング


青汁には様々な健康に良い効能があるとされていますが、その中でも気になるのはアンチエイジングの作用です。これは主に青汁に含まれるビタミンCやSOD酵素といった成分が持つ抗酸化作用によるもので、老化の進行を妨げる他美肌効果などが青汁を定期的に飲む事で期待できます。


青汁の持つビタミンCの効能

レモン等に多く含まれるというビタミンCは青汁にも多く含まれています。このビタミンCには免疫力を強化する採用や美肌効果がある他、前述のような抗酸化作用があると言われています。金属が時間と共に錆びていくように私たちの人体も常日頃から酸化によるダメージを受けています。しかしビタミンCなどこれら抗酸化物質が体内にある事で活性酸素によるダメージを細胞の代わりに肩代わりしてくれると言います。


大麦若葉とSOD酵素

また前述のビタミンCはほぼ全ての青汁に含まれている成分ですが、SOD酵素と呼ばれる成分は主にケールを主成分としたものではなく大麦若葉を主成分とした商品に多く見られます。SOD酵素はSuperoxide Dismutase酵素、つまり「活性酸素を除去する」酵素であり、ダメージを肩代わりするだけではなく活性酸素を除去する効果があり高い抗酸化作用を持った栄養素になります。その為大麦若葉ベースの商品ならビタミンCとSOD酵素の両方が含まれている為より高いアンチエイジングの効果が期待できます。



青汁で不足しがちな野菜を補充


青汁と呼ばれる商品の殆どは基本的にケールや大麦若葉、明日葉といった緑葉野菜を主原料とした濃い緑色の野菜汁を指します。その主原料や見た目からもわかるように青汁には野菜に含まれている成分が多く内包されており、飲む事で野菜不足の解消効果があると言われています。


青汁が持つ成分

野菜不足という事は基本的に野菜を食べる事で得られる栄養素が不足している状態だという事です。例えば野菜にはビタミンが多く含まれており、ビタミンには免疫力を高める効果や、抗酸化作用があり老化を遅らせる効果のあるものがあります。また野菜にはミネラルも豊富で、例えばカルシウムは骨を丈夫にする効果があり、カリウムは余分な塩分を体外に排出する効果があります。青汁にはこういったビタミンやミネラル、食物繊維等が多く含まれており、本来十分な量を取るのが難しいこれらの栄養素をバランス良く、そして十分な量摂る事が可能です。


野菜不足に効果的なタイミング

野菜不足解消の為青汁を飲むのであれば、その最も適切なタイミングは朝一番だと言われています。ただ青汁は非常に栄養価の高い飲み物である為、本当の起き抜けにいきなり飲むのは内蔵に優しくありません。その為このタイミングで飲むのであればまず水やお茶など別の飲み物を最初に一杯飲むが良いでしょう。



青汁ダイエット


青汁にはしばしばダイエットに効果的という話を聞きます。その中には勿論ダイエット目的で青汁をはじめたという人もいますがその大抵は健康の為飲みはじめたら何時の間にか体重が落ちていた、スリムになっていたという方のようです。では何故青汁はダイエットに良いと言われているのでしょうか。


青汁が持つダイエット作用

青汁がダイエットに有効な理由は単純ではなく幾つかの複合的理由によって成り立っているものです。例えば食前に飲む事で適度な満腹感が得られ食事の摂取量が減る、というのが一つの理由です。また商品自体には殆どカロリーが無い為必然的に摂取カロリー量が減ってきます。また商品が持つミネラルは塩分と結びつき体外に排出される効果のあるものがある他、食物繊維には整腸作用がある為、身体の老廃物等が排出される事でダイエットをサポートします。


服用する適切なタイミング

ダイエット目的で青汁を摂取するのであれば前述のようにやはりタイミングとしては食前が好ましいでしょう。水や牛乳などと一緒に飲む事で胃を落ち着かせる事が出来る他、最初に商品の成分が体内で吸収される事で後に食べる食事の炭水化物や油分が摂取され辛くなります。またこの事から錠剤タイプやゼリー状のものより水に溶かして飲む粉末状の商品や液状の商品のほうがダイエットには向いていると言えます。



青汁で便秘を解消


青汁には現代人に不足しがちな野菜成分の補完やダイエット効果など様々な効能があるとされていますが、その効能の一つに実は便秘の解消があるとされています。これは青汁に多く含まれている食物繊維が体内を綺麗にする効果があるからだと言われています。


より効果的な青汁とは

ただ全ての青汁が等しく便秘に効果的というわけではなく、青汁にも便秘に対して効果の大きい商品と小さい商品があるとされています。例えば解凍してそのまま飲めるあるいは水に溶かして飲む液状タイプの商品だと喉越しこそ良いもののその多くはキールや大麦若葉の絞り汁をベースとしたものなので食物繊維はあまり多く含まれてはいません。一方フリーズドライ製法を利用した商品の中でも特に野菜を直接乾燥させたものなら、非常に繊維質が豊富で便秘の改善には最も効果的です。


便秘改善なら就寝前が一番

また便秘改善の為青汁を飲むのであれば就寝前が最も適切なタイミングであると言われています。これは就寝時身体が活動していないので腸が働きやすい環境である等の理由がありますが、人によっては腸が活性化する事で寝付きが悪くなったという人も。このような場合は牛乳やヨーグルトなど安眠採用のある乳製品と一緒に摂ると良いでしょう。



青汁は子供にも良い?


青汁は野菜嫌いのお子さんにとても良いみたいです。
野菜嫌いの子はやはり野菜を嫌って食べてくれないので、どうしても食のバランスが悪くなりがちです。
ですが、青汁でしたら色々な野菜が入っていますので、何かに混ぜて飲んだりできてとても良いかと思います。
ヨーグルトが好きならその中に少し混ぜて飲ませたり、他のものに少し入れてみたりして工夫をしたら野菜を食べてくれなくても少しずつかもしれませんが、補う事が出来るかと思います。


今の青汁は飲みやすい!

以前までのイメージは苦くてまずいというものでしたが、最近の青汁は飲みやすくされているのでどなたでも比較的に飲みやすいかと思います。
また、水や牛乳で味の濃さを自分で調節することもできますので自分に合わせて摂取できるのが良いですよね。
中にはサイダーで割って飲むというお子さんもいるそうです。
工夫の仕方で変わってくるのがなんだか楽しいですよね。


こども青汁というものがある!

これは調べてみて分かったことですが、最近ではこども青汁というものがあるそうです。
お子さんが飲みやすいように工夫をしてくれているみたいで、甘みもあるみたいですが糖分の取りすぎにはならないようなので安心してお子さんに飲ませることが出来ますね。