青汁でアンチエイジング


青汁には様々な健康に良い効能があるとされていますが、その中でも気になるのはアンチエイジングの作用です。これは主に青汁に含まれるビタミンCやSOD酵素といった成分が持つ抗酸化作用によるもので、老化の進行を妨げる他美肌効果などが青汁を定期的に飲む事で期待できます。


青汁の持つビタミンCの効能

レモン等に多く含まれるというビタミンCは青汁にも多く含まれています。このビタミンCには免疫力を強化する採用や美肌効果がある他、前述のような抗酸化作用があると言われています。金属が時間と共に錆びていくように私たちの人体も常日頃から酸化によるダメージを受けています。しかしビタミンCなどこれら抗酸化物質が体内にある事で活性酸素によるダメージを細胞の代わりに肩代わりしてくれると言います。


大麦若葉とSOD酵素

また前述のビタミンCはほぼ全ての青汁に含まれている成分ですが、SOD酵素と呼ばれる成分は主にケールを主成分としたものではなく大麦若葉を主成分とした商品に多く見られます。SOD酵素はSuperoxide Dismutase酵素、つまり「活性酸素を除去する」酵素であり、ダメージを肩代わりするだけではなく活性酸素を除去する効果があり高い抗酸化作用を持った栄養素になります。その為大麦若葉ベースの商品ならビタミンCとSOD酵素の両方が含まれている為より高いアンチエイジングの効果が期待できます。


No Comments, Comment or Ping